コマンド一覧

コマンドグループ コマンド名 コマンドの説明
APIコマンド [APIの実行] このコマンドを使用すると、ユーザーにメッセージを表示できます。
APIコマンド [DLLの実行] このコマンドはHTMLソースオブジェクトを処理します
APIコマンド [クエリ処理] このコマンドはHTMLソースオブジェクトを処理します
APIコマンド [HTMLソースのダウンロード] このコマンドは、解析のためにWebページのHTMLソースをダウンロードします
EXCELコマンド [シートの指定] このコマンドを使用すると、ワークブック内の特定のワークシートをアクティブ化できます
EXCELコマンド [ブックの追加] このコマンドは新しいExcelワークブックを追加します。
EXCELコマンド [閉じる] このコマンドを使用すると、Excelを閉じることができます。
EXCELコマンド [EXCELの開始] このコマンドはExcelアプリケーションを開きます。
EXCELコマンド [データセットの作成] このコマンドはセルの範囲を取得し、データセットに適用します
EXCELコマンド [セルの削除] このコマンドを使用すると、Excelで指定したセルを削除できます
EXCELコマンド [行の削除] このコマンドを使用すると、Excelで指定した行を削除できます
EXCELコマンド [セルの値をゲット] このコマンドは、指定されたExcelセルからテキストを取得します。
EXCELコマンド [最終行をゲット] このコマンドを使用すると、Excelワークブックの使用範囲の最後の行を見つけることができます。
EXCELコマンド [セルの指定] このコマンドは特定のセルに移動します。
EXCELコマンド [ブックを開く] このコマンドはExcelワークブックを開きます。
EXCELコマンド [マクロの実行] このコマンドはマクロを実行します。
EXCELコマンド [名前を付けて保存] このコマンドを使用すると、Excelワークブックを保存できます。
EXCELコマンド [保存] このコマンドを使用すると、Excelワークブックを保存できます。
EXCELコマンド [セルに値をセット] このコマンドはセルの値を設定します。
IEブラウザコマンド [IEブラウザの検索] このコマンドを使用すると、既存のIE Webブラウザセッションを検索して接続できます。
IEブラウザコマンド [IEブラウザを閉じる] このコマンドを使用すると、関連するIE Webブラウザを閉じることができます
IEブラウザコマンド [IEブラウザの起動] このコマンドを使用すると、新しいIE Webブラウザセッションを作成できます。
IEブラウザコマンド [IE各種機能] このコマンドを使用すると、関連するIE WebブラウザのHTMLドキュメント内の要素を操作取得または設定できます。補助要素キャプチャフォームを備えています
IEブラウザコマンド [IE URLにアクセス] このコマンドを使用すると、指定したURLまたはリソースにIE Webブラウザセッションをナビゲートできます。
WEBブラウザコマンド [各種機能] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを閉じることができます。
WEBブラウザコマンド [スクリプトの実行] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションでスクリプトを実行できます。
WEBブラウザコマンド [戻る] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションで後方に移動できます。
WEBブラウザコマンド [進む] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを前方にナビゲートできます。
WEBブラウザコマンド [URLにアクセス] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを特定のURLまたはリソースに移動できます。
WEBブラウザコマンド [リフレッシュ] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを更新できます。
WEBブラウザコマンド [ブラウザを閉じる] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを閉じることができます。
WEBブラウザコマンド [ブラウザ情報の取得] このコマンドを使用すると、Selenium Webブラウザセッションを特定のURLまたはリソースに移動できます。
WEBブラウザコマンド [ブラウザウィンドウの切り替え] このコマンドを使用すると、Webサイトの自動化を可能にする新しいSelenium Webブラウザセッションを作成できます。
WEBブラウザコマンド [ブラウザの起動] このコマンドを使用すると、Webサイトの自動化を可能にする新しいSelenium Webブラウザセッションを作成できます。
イメージコマンド [画像認識] このコマンドは、画面上の既存の画像を見つけようとします。
イメージコマンド [OCRの実行] このコマンドを使用すると、画像ファイルを解析用のテキストに変換できます。
イメージコマンド [スクリーンショットの取得] このコマンドはスクリーンショットを取得し、場所に保存します
ウィンドウコマンド [ウィンドウのアクティブ化] このコマンドはウィンドウをアクティブにして前面に表示します。
ウィンドウコマンド [ウィンドウを閉じる] このコマンドは開いているウィンドウを閉じます。
ウィンドウコマンド [ウィンドウの移動] このコマンドは、画面上の指定された場所にウィンドウを移動します。
ウィンドウコマンド [ウィンドウサイズの設定] このコマンドはウィンドウを指定されたサイズにリサイズします。
ウィンドウコマンド [ウィンドウサイズの変更] このコマンドは、ターゲットウィンドウの状態を設定します。
ウィンドウコマンド [確認後、閉じる] このコマンドはウィンドウが存在するのを待ちます。
エラー処理コマンド [例外をキャッチ] このコマンドを使用すると、エラーが発生した後に発生するアクションを定義できます。
エラー処理コマンド [トライを終了] このコマンドは、try / catchブロックの終了を指定します。
エラー処理コマンド [終了処理] このコマンドは、エラーが発生したかどうかにかかわらず発生する実行を指定します
エラー処理コマンド [トライコマンド] このコマンドはコマンドの埋め込みを許可し、自動的に「キャッチ」ハンドラに移動します
エンジンコマンド [エンジンデータの表示] このコマンドを使用すると、ユーザーにメッセージを表示できます。
エンジンコマンド [ストップウォッチ] このコマンドを使用すると、プログラムまたはプロセスを停止できます。
エンジンコマンド [エラーハンドリング] このコマンドは、エラーが発生した後の処理を指定します。
エンジンコマンド [一時停止] このコマンドは、ミリ秒単位で指定された一定時間スクリプトを一時停止します。
エンジンコマンド [遅延の設定] このコマンドを使用すると、実行中のインスタンスでコマンドを実行する間の遅延を設定できます。
システムコマンド [システム変数] このコマンドを使用すると、システム/環境変数を排他的に選択できます
システムコマンド [リモートデスクトップ] このコマンドを使用すると、プログラムまたはプロセスを停止できます。
システムコマンド [環境変数] このコマンドを使用すると、システム/環境変数を排他的に選択できます
システムコマンド [システム処理] このコマンドを使用すると、アカウントアクションを実行できます
その他のコマンド [クリップボードのテキストをゲット] このコマンドを使用すると、クリップボードからテキストを取得できます。
その他のコマンド [クリップボードにテキストをセット] このコマンドを使用すると、クリップボードにテキストを設定できます。
その他のコマンド [コメントの追加] このコマンドを使用すると、スクリプトにインラインコメントを追加できます。
その他のコマンド [メッセージの表示] このコマンドを使用すると、ユーザーにメッセージを表示できます。
その他のコマンド [メールの送信] このコマンドを使用すると、SMTPプロトコルを使用してメールを送信できます。
その他のコマンド [コマンドのグループ化] 複数のアクションをグループ化するコマンド
タスクコマンド [タスクの実行] このコマンドはタスクを実行します。
タスクコマンド [タスクの停止] このコマンドは現在のタスクを停止します。
データコマンド [データセット行解析] このコマンドを使用すると、データセット行の列を変数に解析できます。
データコマンド [JSON配列解析] このコマンドを使用すると、JSON配列をリストに解析できます。
データコマンド [変数を変更] このコマンドを使用すると、文字列をトリムできます
データコマンド [日付の計算] このコマンドを使用すると、日付を作成して変数に適用できます。
データコマンド [データフォーマット] このコマンドを使用すると、文字列にフォーマットを適用できます
データコマンド [文字数のカウント] このコマンドを使用すると、JSONオブジェクトをリストに解析できます。
データコマンド [文字の長さ] このコマンドを使用すると、文字列または変数の長さを取得できます。
データコマンド [ログデータ] このコマンドはデータをファイルに記録します。
データコマンド [JSONオブジェクト解析] このコマンドを使用すると、JSONオブジェクトをリストに解析できます。
データコマンド [PDFテキスト抽出] このコマンドを使用すると、PDFファイルからテキストを抽出することができます。
データコマンド [正規表現での抽出] このコマンドを使用すると、RegExを使用して高度な文字列フォーマットを実行できます。
データコマンド [置換] このコマンドを使用すると、テキストを置換できます
データコマンド [文字の分割] このコマンドを使用すると、文字列を分割できます
データコマンド [文字の切り出し] このコマンドを使用すると、文字列をトリムできます
データコマンド [テキスト抽出] このコマンドを使用すると、高度な文字列抽出を実行できます。
データベースコマンド [データベースクエリの実行] このコマンドを使用すると、データベースクエリを実行し、結果をデータセットに適用できます
データベースコマンド [データベース接続設定] このコマンドを使用すると、OLEDBデータソースへの接続を定義できます
データベースコマンド [クエリーの実行] このコマンドはデータベースからデータを選択し、データセットに適用します
テキストファイルコマンド [読み込み] このコマンドはテキストデータを変数に読み込みます
テキストファイルコマンド [書き込み] このコマンドは、指定されたデータをテキストファイルに書き込みます
ファイルコマンド [ファイルを削除] このコマンドは、指定された宛先からファイルを削除します
ファイルコマンド [ファイルの移動、コピー] このコマンドは、指定された宛先にファイルを移動します
ファイルコマンド [ファイル名の変更] このコマンドは、指定された宛先のファイルの名前を変更します
ファイルコマンド [ファイルの有無確認] このコマンドは、指定された宛先にファイルが存在するのを待ちます
プログラム/プロセスコマンド [カスタムコードの実行] このコマンドを使用すると、C#コードを実行できます
プログラム/プロセスコマンド [スクリプトの実行] このコマンドを使用すると、スクリプトまたはプログラムを実行し、終了するのを待ってから続行できます。
プログラム/プロセスコマンド [プロセスの開始] このコマンドを使用すると、プログラムまたはプロセスを開始できます。
プログラム/プロセスコマンド [プロセスの停止] このコマンドを使用すると、プログラムまたはプロセスを停止できます。
ループコマンド [無限ループコマンド] このコマンドを使用すると、アクションを連続して繰り返すことができます。 「ループの開始」コマンドには、次の「ループの終了」コマンドが必要です。
ループコマンド [EXCELデータセットのループ] このコマンドを使用すると、Excelデータセットをループできます
ループコマンド [ループリスト] このコマンドを使用すると、アクションを数回繰り返すことができます(ループ)。 「ループの開始」コマンドには、次の「ループの終了」コマンドが必要です。
ループコマンド [ループ開始(回数指定)] このコマンドを使用すると、アクションを数回繰り返すことができます(ループ)。 「ループの開始」コマンドには、次の「ループの終了」コマンドが必要です。
ループコマンド [ループの終了] このコマンドは、ループ(繰り返し)アクションの終了点を示します。すべてのループに必要です。
ループコマンド [ループから終了] このコマンドは、現在のループが終了し、現在のループのポイントを過ぎて作業を再開することを示します。
言語処理 [フレーズの作成] このコマンドは、ミリ秒単位で指定された一定時間スクリプトを一時停止します。
言語処理 [パラメーターの設定] このコマンドを使用すると、NLGパラメーターを定義できます
言語処理 [インスタンスの作成] このコマンドは、ミリ秒単位で指定された一定時間スクリプトを一時停止します。
条件分岐コマンド [IFの開始] このコマンドを使用すると、論理ステートメントを評価して、ステートメントが真であるかどうかを判断できます。
条件分岐コマンド [Else] このコマンドは、「true」または「false」条件に基づいてアクション間の分離を宣言します。
条件分岐コマンド [IFの終了] このコマンドは、Ifアクションの終了点を示します。すべてのBegin Ifに必要です。
入力コマンド [HTML入力プロンプト] Web対応フォームへのデータの入力を許可
入力コマンド [高度キーの入力] 高度なキーストロークをターゲットウィンドウに送信
入力コマンド [キーの入力] キーストロークをターゲットウィンドウに送信
入力コマンド [マウスのクリック] マウスのクリックをシミュレートします。
入力コマンド [マウスの移動] マウスの動きをシミュレート
入力コマンド [UIアイテムのクリック] このコマンドは、シックアプリケーションウィンドウ内のアイテムをクリックします。
入力コマンド [UIアイテムのゲット] このコマンドは、シックアプリケーションウィンドウからテキストを取得します
入力コマンド [UIオートメーション] ThickAppClick / GetTextコマンドの実装を組み合わせましたが、必要な要素を記録するための高度なWindow Recorderが含まれています。
入力コマンド [入力指定] ターゲットウィンドウにキーストロークを送信します
変数コマンド [新規変数] このコマンドを使用すると、**変数の設定*を使用して、変数を明示的に追加できます。 **実行時。
変数コマンド [変数の追加] このコマンドを使用すると、変数を変更できます。
変数コマンド [変数インデックス] このコマンドを使用すると、変数を変更できます。
変数コマンド [変数の設定] このコマンドを使用すると、変数を変更できます。

サポートコミュニティ

質問やお問い合わせはコミュニティまで!